両江新区の概況05/
TOP > 両江新区の概況 > 物流 物流

   

 

   高速道路、長江水運、国際空港、ヨーロッパまでつながる貨物鉄道が利用可能で物流インフラが充実しています。

■ 長江水運

 

   

 

   重慶からは上海•武漢をはじめとする長江デルタ諸都市と長江で結ばれており、長江水運を用いた効果的なコスト削減が可能です。2009 年の三峡ダム完成以降、5000 トン級の船舶が重慶まで長江を航行することが可能となり、また重慶では両路寸灘保税港区、果園港が整備され、内陸の国際港となりました。

■ Trans Eurasia Railway - 渝新欧国際鉄路

 

   

 

   渝新欧鉄道(Trans Eurasia Railway)は2011年に全線開通した重慶とドイツ西部の工業都市デュイスブルク(Duisburg)を結ぶ貨物鉄道です。「現代のシルクロード」と呼ばれ、重慶―デュイスブルク間の輸送所要日数は16日、海上輸送と比べ20日以上短縮が可能となりました。渝新欧鉄道は全長約1万1000キロ。中央アジア、ロシア、ベラルーシ、ポーランドを経由し、欧州-アジア間の輸送を大きく変えるとされています。

■ 航空輸送

   重慶江北国際空港から北京、上海、香港までの飛行時間はいずれも概ね2~2.5 時間です。